投資信託初心者

なぜ投資信託のアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないのか?

今日は最近よく言われている、「長期的にみるとアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」について自分の考えをまとめてみました。

ひふみ投信

なぜアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないのか?

長期で見た時に、インデックスファンドよりも成績が良いアクティブファンドは全体の1/3以下という話を最近よく耳にします。

その理由について説明します。

理由1 : アクティブファンドはインデックスファンドよりも手数料が高い

最近のインデックスファンドはとても手数料が安いです。インデックスファンドの信託報酬0.2%とかもありますが、アクティブファンドの場合は1.5%とか2.0%とかが普通です。1%の違いも金額を大きくなるとかなりのコストになります。

理由2 : アクティブファンドはファンドマネジャーの腕にすべてがかかっている

インデックスファンドは特定の指数に連動するように運用を行うので、多少の違いはあるにしても基本は同じ指数を対象にしたどの投資信託を買っても運用結果は同じです。しかし、アクティブファンドは通常は指数以上のパフォーマンスを目指します。指数以上の結果が出せればもちろんいいのですが、指数より運用結果が悪いもしくは指数並みの結果になる場合もあります。

理由3 : アクティブファンドの新規の投資信託は実力がまったくわからない

インデックスファンドの場合は、新規の投資信託だとしても指数に連動するように運用するので投資信託の実力はあまり気にする必要はありませんが、アクティブファンドの場合は新規投資信託だとどんな運用をするのかまったくわかりません。過去データなしではパフォーマンスの予測がまったくできません。

短くまとめると、

アクティブファンドは手数料が高いのでよほど良いパフォーマンスでないと手数料負けしてしまう。

ということです。

投資信託のアクティブファンドを買ってはいけないのか?

ここまでデメリットを羅列しましたが、個人的な意見ですが私はアクティブファンドを買ってもいいと思っています。

実際私はパフォーマンスの良いアクティブファンドを自分のポートフォリオに入れています。

  • 新規のアクティブファンドを購入しない
  • 過去の5年程度でパフォーマンスがカテゴリ平均よりも大幅に上回っている(手数料を差し引いても大きなリターンを出すことが予想できる)
  • 標準偏差がカテゴリ平均よりも抑えられている
  • 新興国を避ける
  • 資金流入が安定しているもの、かつ純資産の多い投資信託を選ぶ

等に気をつけて選択すれば、大きなリターンのアクティブファンドを選択することもできます。

リスクが大きなところにしか大きなリターンは来ませんし、人それぞれとれるリスクは異なります。

ただ、あまり投資信託に関して勉強したことがない人はインデックスファンドの手数料が低いものでポートフォリオをつくったほうが無難だと思います。インデックスファンドのみでも長期で複利を生かせば十分大きなお金を作ることが可能と言われています。

まとめ

では、ここまでをまとめます。

  • 本当に良いアクティブファンドは非常に少ない(手数料負けするアクティブファンドが多い)
  • ただし長期でパフォーマンスが良いアクティブファンドは、ポートフォリオに入れるのもあり
  • インデックスファンドだけでも長期つみたてで十分に運用益を得られる可能性が高い

最終的には、自分がどの程度のリターンを目指すのか、リスクはどの程度とれるのかによって選択するしかないですね。

投資はすべて自己責任ですから。