つみたてNISA

投資信託のポートフォリオ(自分の個人口座)2020年4月末運用結果

こちらは自分の個人口座の4月末(4/27)の運用結果です。毎月5万円の積み立て(月末)で、つみたてNISA+特定口座での運用をしています。

去年まではNISA枠を使用していましたが、今年からつみたてNISA+特定口座での運用に切り替えたため、すこし運用結果が見にくくなってしまっていますが、下記ご覧ください。

投資信託のポートフォリオ(自分の個人口座)

現在の投資信託ポートフォリオ

現在のポートフォリオです。

投資信託ポートフォリオの先月の運用結果

1か月前と比較ができます。こちらからどうぞ。

投資信託のポートフォリオ(自分の個人口座)2020年3月末運用結果こちらは自分の個人口座の3月末(3/27)の運用結果です。毎月5万円の積み立て(月末)で、つみたてNISA+特定口座での運用をしています...

投資信託ポートフォリオの運用途中経過

8か月目に突入する投資信託ポートフォリオの運用経過です。

投資信託運用結果のトータルパフォーマンス

かなり戻ってきました。2か月間ヒヤヒヤしましたが、想定していたリスク内に収まってくれてほっとしています。

投資信託運用結果の個別パフォーマンス(NISA 2019)

積み立て開始当初はNISA枠をしようしていたので、NISA枠での投資信託結果です。今年からはつみたてNISAにしたので、今後元本が増えていくことがない口座ですが8か月前からのパフォーマンスを確認するにはわかりやすいです。

債券は相変わらずプラスの維持。あとはテクノロジー系のアクティブファンドは強いですね。アクティブファンドは良いものを選ぶのが難しいと言われているけど、良いファンドは下落時も強いです。

ひふみプラスは、今回の暴落前に現金比率を大幅に高める守りの投資で暴落にあまり巻き込まれませんでした。インデックスファンドにはできない独自の対処がアクティブファンドにはできるので、本当に良いアクティブファンドを見極める力は大きく資産を増やす上で大切だなと今回の暴落で実感しました。

投資信託運用結果の個別パフォーマンス(つみたてNISA 2020)

投資信託運用結果の個別パフォーマンス(特定口座 2020)

まとめ

先月は、マイナスが比較的大きかったリート関連に追加で資金を投入しました。

今回の暴落でアクティブファンドの実力がはっきり見えてきました。基本的に選択したファンドには間違いはなかったけど、その中でも「ひふみプラス」&「GSテクノロジーファンド」は予想以上のパフォーマンスを発揮してくれています。

しゅー君
しゅー君
暴落時にアクティブファンドの実力がはっきりわかるね。